本日のBL

〜架空の本屋「みつまる書店」店長のblコミック備忘録〜

本日のBL:金髪ジェントルマン×ショタ系男子高校生

いらっしゃいませ。架空の本屋「みつまる書店」へようこそ。

bl漫画好き店長のみつまるこです。

 

ここでは1日1冊、私の好みに刺さったbl漫画について記録しています。

(間違って来店された方、bl苦手な方はこの先入店不可です。早く逃げて〜)

 

 

 

連日暑いですね。夏っぽいbl探してみました。

 

本日のblはこちら。

4冊目「日傘ちゃん」

ピュア度:★★★★★

blっぽくない度:★★★★★

エロ度 :☆☆☆☆☆ 

出てくる萌え要素:ショタ 年の差(30才×18才)

 

 

表紙のイラストの、色素薄い系な繊細タッチ(うまく言語化できない)&2人の身長差に萌えて買うの即決。

 

表紙の黒髪少年、はじめ見たとき中学生or小学生かと思いました。

実年齢18ですが童顔すぎなので自分的にはショタのジャンル区分に入れてます。

 

 

〜ざっくり内容〜

夏、学校生活でしくじったDKがおじいちゃんちに居候

日傘さしてる外国人おじさんに出会う

色々あって2人は仲良しに

DK、勢い余っておじさんにチュウする

 

 

 

今回はいつにも増してざっくりな内容説明です。

でも「このざっくりは仕方ない」って、読んだ人ならわかる(…はず)。

 

 

まず最初の特記事項ですが、この漫画はエロ要素ゼロです。

 

 

チュウもラストに1回のみ。しかもほっぺに。

 

 

 

 

 

 

(゜д゜)

 

 

 

 

 

 

こんなにエロいことしてないbl漫画読んだことないってくらいエロくない。

 

  

なんというか、小説とかエッセイを読んでいるような気分になる漫画です。

 

DK視点からの描写が中心ですが、終始とりとめのない、つかみどころのない、ふわふわとした感じが漂っています。

 

派手な事件は起きません。

 

主人公が「きゅん」とか「ドクン・・・」とか胸が高鳴ってあからさまにフォーリンラブするような描写もない。

 

日常の出来事が淡々と、主観と客観のカメラを行ったり来たりしながら、スローに進んでいく感じです。

 

ゆっくり、本当にゆっくり、DKが自分の気持ちの変化を自覚していきます。

 

気持ちって、突き詰めていくと「嬉しい」「悲しい」とか色んな要素が同時発生的に存在したり絡み合ったりしていて、それを正確に言葉にしようとすると難しいじゃないですか。

 

この漫画は時たまその複雑な状態をするっと表現していて、

私は「あー、そうそう、こういう感じわかるわかる」って共感しながら読めました。

 

 

あとこの漫画、出てくる動物(主に犬)の絵がすごくかわいい。

 

これは私が今まで漫画を読んできた経験からの勝手な持論ですが

 

 

動物をかわいく描ける作家さん = 人間キャラクターもかわいい

 

 

動物って、ありのままに描いてもかわいくならないんですよね。うまくテコ入れしないとリアルすぎて怖く見えたりします。

 

私も小学生のときに飼ってた犬を一生懸命スケッチしましたが、かわいく描けなくてすぐ投げ出した。

 

blに限らずですが、漫画の試し読みでかわいい動物が出てきたら、私の場合はその漫画を買う確率が格段にアップします。

 

 

 

この漫画のタイトルには①とあって2巻以降もありそうなこと匂わせてますが、

amazonで探した限りは2巻以降がまだありませんでした。

 

ほっぺにチュウ以降の展開がものすごく気になる。

はやく2人がラブラブしてるとこ見たい。2巻の目撃情報お待ちしてます。

 

ということでまた明日。