本日のBL

〜架空の本屋「みつまる書店」店長のblコミック備忘録〜

本日のBL:金持ちツンデレ高校生 × 天然野生児高校生 × おじいちゃん

 いらっしゃいませ。架空の本屋「みつまる書店」へようこそ。

bl漫画好き店長のみつまるこです。

 

ここでは1日1冊、私の好みに刺さったbl漫画について記録しています。

(間違って来店された方、bl苦手な方はこの先入店不可です。早く逃げて〜)

 

 

 

 

本日のblはこちら 

金持ち君と貧乏君 (IDコミックス gateauコミックス)

金持ち君と貧乏君 (IDコミックス gateauコミックス)

 

ほっこり度:★★★★☆

切ない度:★★★★☆

エロ度:☆☆☆☆☆

出てくる要素:高校生 学ラン ブレザー ツンデレ おじいちゃん タイムトラベル

 

 

ここ数日ハードな作品が続いたので、今日はさっぱりほっこり系をご紹介します。

 

タイトル3人いるけど決して3pじゃないです。

 

今回の漫画はストーリーがちょっと複雑。時空を行ったり来たりしてます。

 

表紙の2人が主人公…かと思いきや真の主役はおじいちゃんです。

 

エロ要素ほぼ無。チュウ止まり。おもしろせつないお話です。

 

 

 

〜ざっくり内容〜

主人公2人は同じ学校に通う高校生。一方は金持ち、一方は貧乏。 

金持ち男子は貧乏男子が気になるも日々ツンデレ対応。(デレ少なめ)

金持ち男子の祖父、貧乏男子を気に入り愛人契約。(え?)

健全なお付き合いをする。

金持ち男子、祖父から貧乏男子を奪おうと頑張る。

10年後、男子2人は一応くっつく。

奇妙な三角関係は緩やかに継続…

 

 

表紙左のブレザー君が金持ち男子です。理事長の孫。常に校内で貧乏男子に自らつっかかります。お勉強はできる。常にスネ夫みたいな護衛の生徒を引き連れています。貧乏男子の些細な一言でいつも泣いたり笑ったり…メンタルは超繊細なガラスのハート。

 

表紙右の学ラン君が貧乏男子。校内で雑草の直売をするなど逞しいメンタルの持ち主。常に食料orお金を手に入れる手段を考えては実践しています。野生児。人に媚びたりしない、素朴な性格です。他人からの好意には超鈍感。

 

タイトルには 金持ち男子→貧乏男子 の順番で表記したものの、正直どっちが受け攻めなのかわかりません。だって濡場ないんだもん!(恥ずかしくて小声)

 

なのでどっちがどっちかは読み手の妄想力に委ねられます。斬新。

 

 

ラスボスのおじいちゃんですが、まずこのおじいちゃんというのが金持ち息子の祖父のこと。現学校理事長です。(以下「理事長」と呼ぶ)

お茶目な性格で、基本ふざけてます。ゆるキャラ。若かりし頃は内気でナヨっとしてます。

 

金持ち男子の祖父と貧乏男子の祖父は高校時代のからの友人。貧乏男子のおじいちゃん(以下「友人」と呼ぶ)はすでに他界しています。

 

友人の若かりし頃は体育会系な容姿&メンタル。パワフルで生命力溢れてます。さすが貧乏男子の祖父、という感じ。

 

 

この2人のエピソードこそ、この作品の真髄。

 

 

理事長が高校生だったのは戦時中。理事長は当時、友人に淡い恋心を抱いていました。

 

理事長は校内で見かけた友人生き写しの貧乏男子に一目惚れ。当時の気持ちが蘇り、貧乏男子お小遣いという名の継続的な金銭補助を盾に愛人契約を提案。見事承諾され、デートしたりコスプレさせたりなど健全なお付き合いを開始します。 

 

デートの最中、理事長は貧乏男子の一挙一動に当時の友人の姿を重ね合わせ、当時のときめきをありありと思い出します。ついでに理事長の容姿も若返る(笑)

 

と同時に、友人はもうこの世にいないこと、あれから長い年月が経ったこと、今も友人のことが大好きなこと、友人と瓜二つの孫に偶然出会えたこと、貧乏男子は友人本人ではないことなどなどなど・・・喜び、悲しみ、後悔、会いたい気持ち等、理事長のいろんな感情が最後にどっと溢れてきて、読んでいて苦しくなる場面が。

 

前半で理事長とのデート中に貧乏男子がふと、亡くなる直前の祖父(友人)との思い出を語るシーンがあるんですが、そこもたまらなく切ないです。とりあえず、読めばわかる。

 

 

あー、今日エロについて全然書いてないのに文字数すごい。

ということで今日はここまで。また明日。