本日のBL

〜架空の本屋「みつまる書店」店長のblコミック備忘録〜

本日のBL:ハイスペ天然黒髪イケメン × 平凡卑屈メガネ地味男子

いらっしゃいませ。架空の本屋「みつまる書店」へようこそ。

bl漫画好き店長のみつまるこです。

 

ここでは1日1冊、私の好みに刺さったbl漫画について記録しています。

(間違って来店された方、bl苦手な方はこの先入店不可です。早く逃げて〜)

 

 

 

 

 

本日のblはこちら  

言い訳ばっかりしてないで (gateauコミックス)

言い訳ばっかりしてないで (gateauコミックス)

 

タイトル:「言い訳ばっかりしてないで」

受けの卑屈度:★★★★★

イケメンの苦労が意外と面白い度:★★★★★

エロ度:★☆☆☆☆

出てくる要素:高校生 ブレザー 大学生 メガネ

 

 

表紙のメガネくんは受け。メガネかけてるけどそんなに秀才な訳ではないです。

優しくて気が弱くて卑屈な性格。あとプライド高い。色々考えすぎて勝手にネガティブ突っ走って自滅するタイプ。

 

横からチュウしてる男子が攻め。 正面から見るとこんな顔→f:id:triple-maru:20181015195605j:plain

帰国子女で母語は英語。勉強できるし運動もできる。顔も良い。フランクな性格で友達も多くて国内で一番偏差値高い大学受かってでもそれを鼻にかけない素直な良いやつであーーーーーーもーーーーーーーー書いてて自分が死にたくなるような完璧ハイスペイケメン野郎。

出会った時から受けに片思いしています。でも外身も中身もイケメンであるがゆえに、色々もつれてうまくいきません。

 

(メガネくんとイケメン野郎で紹介文の文字数違いすぎ)

 

 

11歳のころ、2人は出会います。

当初イケメン野郎は日本語できなくて受けのメガネくんがリードしてあげてたけど、中学あたりから少しづつ立場が逆転。その後もイケメンが開花する一方メガネはより地味男に。高校に入るともはや別世界の住人になってしまいます。

 

メガネくんは卑屈キャラがデフォでしたが、それをこじらせるのも無理はないなぁって同情しまくりな展開です。(私がメガネくんだったら自殺してる)

 

でも、不思議とイケメン野郎は嫌なヤツ化しません。

本当に少しずつですが、自分で思っている自分と他人から見た自分のギャップを理解したり、メガネくんの立場になった考え方ができるようになっていったりします。そしてこの時の視点が私には結構新鮮だった。

 

イケメン×凡人の場合、凡人側から見た描写は多い一方、イケメン側からの視点って少ない気がします。(みつまるこ経験)

全5話に渡って時間をかけて、イケメン側の視点が丁寧に描かれているのがこの漫画の面白いとこだなって思いました。

 

 

もっと描きたいけどやばい眠い。寝ます。また明日。