本日のBL

〜架空の本屋「みつまる書店」店長のblコミック備忘録〜

本日のBL:無邪気ワンコ × 内気メガネ

いらっしゃいませ。架空の本屋「みつまる書店」へようこそ。

bl漫画好き店長のみつまるこです。

 

ここでは1日1冊、私の好みに刺さったbl漫画について記録しています。

(間違って来店された方、bl苦手な方はこの先入店不可です。早く逃げて〜)

 

 

今回は

「ファンタジーな設定のbl読みたーーーーーーーーーーい」

「ロマンチックなbl読みたーーーーーーーーーーーーい」

って方におすすめ。

 

 

本日のblはこちら 

花息 -かそく-

花息 -かそく-

 

タイトル:「花息-かそく-」

ファンタジー度:★★★★★

初々しい度:★★★★★

エロ度:★★☆☆☆

 

 

高校生×高校生のお話。

 

思春期の初恋時、一部の少年少女に発症する病、「花息」

(読み方「はないき」じゃなくて「かそく」です)

 

字の通り吐息がバラの花びらになる、という病。重症化するほど花びらがお花に、そして一輪の花にと大きくなっていきます。バラの匂いも強くなるらしい。なんてロマンチックな病…

(あくまでこの作品の中でのオリジナルな病です。念の為。)

 

主人公は表紙のDK。内気で大人しい奥手男子です。

 

ある日突然花息を発症します。初恋の相手は幼なじみの男の子。ワンコ系の活発で明るいかわいい系男子です。

 

メガネ君は親友関係を壊したくない一心で病のことを悟られないように頑張ります。

まぁバレちゃうんですけど。BLあるある展開。

 

メガネ君が受け、ワンコ君が攻めです。ワンコ攻め好きな方にはおすすめ。

 

 

 

みつまるこ的この作品のイチオシはメガネ君の赤面泣き顔です。

 

最初数ページ読んだ時点では正直「あんまり好みのイラストじゃないかも…」って思いました。とりあえず病の設定が面白かったから読み進めてた。

 

絵のタッチが好みじゃないと最後まで読むのしんどいですよね。わかります。だって私がそうだから。何よりもまず絵が好みかどうかで読むのを決める派です。

 

でもこの作品に関してはたとえ 「絵があんまり好みじゃないかも…」って思ってもとりあえず次のページめくり続けて欲しい。

 

後半、告白のシーンとか濡場とか後日談で

メガネ君の色気と無垢が炸裂します。

 

感きわまって涙を流す時とか、ワンコ君の不意打ちイケメン台詞に赤面する時とか、同じキャラかよってくらいフェロモンだだ漏れの美少年になる(笑)

なんならまず最後3分の1だけ読んで、全部読むか決めるのもアリかと。サプライズ感は減りますが。

 

エロ度はそこそこ。後半に少しだけあります。

最後まではしてないけど、攻めが受けの家に遊びにくるとこから前戯までのプロセスがとても丁寧に、かなりのページを割いて描かれてます。

 

二人ともDTで初々しさがぱないです。初めてのおうちデートは終始緊張感があって、読んでてキュン死するレベル。みつまるこはこいつらの部屋の壁になりてぇなって思いながら読んでいました。

 

こちらのタイトル、現在Kindle Unlimited対象です〜

買うよりこのシステム利用した方がお得かも。

 

ということで今日はここまで。また明日。