本日のBL

〜架空の本屋「みつまる書店」店長のblコミック備忘録〜

本日のBL:高校教師 × 根暗生徒

いらっしゃいませ。架空の本屋「みつまる書店」へようこそ。

bl漫画好き店長のみつまるこです。

 

ここでは1日1冊、私の好みに刺さったbl漫画について記録しています。

(間違って来店された方、bl苦手な方はこの先入店不可です。早く逃げて〜)

 

 

今回は

「報われない感じのお話読みたい」

「クセのあるbl読みたい」

って方におすすめします。

 

 

 

本日のblはこちら

アオベニの生活 (BL)

アオベニの生活 (BL)

 

タイトル:「アオベニの生活」

なんか胸が苦しい度:★★★★★

エロ度:☆☆☆☆☆

 

 

 

Amazonkindleマンガbl部門で1位だった & kindle unlimited対象タイトルだったからポチりました。

 

 

ページを開いてびっくり。コマ割りがそもそもいつも読んでるマンガと全然違う。 

 

ページレイアウトのイメージとしては4コマ漫画に近いです。

4コマだと1ページに8つ窓があるけど、この作品はページによって窓の数が違います。少なくとも10はある。

 

そして1ページで1話完結、のスタイル。

 

文字だと想像しづらいですが、とりあえずAmazonの商品ページからお試し読みしたらいい。

 

 

 

主人公は教師と生徒です。

 

最初〜中盤までは平和。ちょっといびつな関係だなぁって思いはするけどそんな違和感すぐに忘れるほど平和。二人は幸せそうに生活してます。この時点では「確かに面白いけどなんで1位なんかな」(我ながら失礼…)って私は思いながら読んでた。

 

6割くらい読んで「次のページ読み終わったら気分転換にツイッターでも開きたい気分〜」って指がもぞもぞしてくるあたりで急に作品の空気感が変わります。

今まで屋内のぬくいこたつで平和ボケしてたのが、急にコートなしで野外に放り出されて唖然…的な。

 

詳しく書くとネタバレオンパレードでつまんないので詳細は差し控えますが、この温度差で目が覚めます。

 

そしてどんどん胸が痛くなる。

 

この痛みはキャピキャピ・キュルルン的な乙女系のではなく、チクチクとかギュッとか苦しい方の痛みです。

 

明るさとかハッピーエンド感はあんまりないです。キャラはみんなそれぞれ事情を抱えていて、苦しんでいます。

 

読んだ後にスッキリ感とか萌えとか、わかりやすい幸福感を私は感じなかった。

 

むしろ読んだ後はやけに冷静でテンション低かったけど、後からじんわり「私こういうの好きだな」って思えてくる作品でした。

 

kindle unlimitedご利用中の方は是非DLしてみてください。

 

締め方雑だけど激ねむなので寝ます。また明日。