本日のBL

〜架空の本屋「みつまる書店」店長のblコミック備忘録〜

本日のBL:冷めてるけど尽くしちゃう先輩 × 体育会系ピュアドM後輩

いらっしゃいませ。架空の本屋「みつまる書店」へようこそ。

bl漫画好き店長のみつまるこ(@triple_maru)です。

 

 

ここでは1日1冊、私の好みに刺さったbl漫画について記録しています。

(間違って来店された方、bl苦手な方はこの先入店不可です。早く逃げて〜)

 

 

今回は

「涼しい顔して攻め立てる攻めが見たい」

「真面目なマッチョが受けのbl読みたい」

「スーツいっぱい見たい」

って方におすすめです。 

 

 

本日のblはこちら  

タイトル:「蝶と花の関係性」

SM度:★★★★

エロ度:★★★★★

 

 

リーマン同士のオフィスラブものです。

 

突然ですが私はマッチョとかいかにもな体育会系のキャラって正直あんまり好きではないです。なんていうか、全然萌えない。華奢な美少年の方が何倍もたぎる。

 

だから表紙右のマッチョを見たときは好みじゃなさすぎて一瞬ひるんだ。

 

でも、某大人気フィギュアスケートアニメに出てくるコーチに似た超イケメンお兄さんに抗えずポチり。見下し感全開の冷めきった視線がたまらない…

 

「彼が濡場でどんだけ乱れるのか見たい」というゲス極まりない理由で割り切って購入したんですが、結論、受けも攻めもめっちゃよかったです。ほんと買ってよかった。マッチョ苦手な腐の方々にも激しくオススメしたい一冊。

 

 

 

ざっくりと主人公二人の紹介します。

 

表紙左、ヴィ●トル似の銀髪?お兄さんは攻め。先輩です。基本冷めててゆるい性格。くるもの拒まず・去る者追わずなスタンス。ひょうひょうとしてるけど仕事はきっちりやります。意外と体力あり。ゲイ。

 

表紙右、いかにもな体育会系の黒髪お兄さんは受け。ピカピカの新入社員。運動部でビシバシしごかれる青春時代を過ごし、厳しくされるほど快感を覚える重度のドM青年に成長。ドMという以外はとにかく真面目でピュア。ノンケ。

 

 

攻めの先輩、なんとその昔はネコ(受け)でした。メスイキも経験済み。そのため受けがしてほしいこと、M人間がされたら喜ぶことをよぉーーーく知ってます。かつての経験を総動員してドM後輩くんを調教していくプロセスが実にエロい。イケメンに体も心も気持ちいいツボ押されまくっておかしくなってる受けがまじでうらやま。受けになりてぇ。

 

また、攻め先輩は基本冷めてるキャラですが、同時に相手に尽くしがち・世話焼きな性格でもあります。反応の良いドM後輩に乗せられ、浴びせる言葉も行為もどんどんエスカレート。でも最後は絶対優しくて…アメとムチの使い分けが神。酷くすればするほど先輩の優しさが滲み出てきて切ない。受けになりてぇ(2回目)。

 

 

全体的に濡場多いです。途中ややバイオレンスなプレイもあります。(でも痛いほど受け後輩が喜んじゃって、結果ただのエロいシーンになっている)

絵はもちろんエロくて最高ですが、効果音と喘ぎがページいっぱいに細かくぎゅうぎゅう書いてあってさらにエロい。顔も体もぐじゅぐじゅで気持ちよくなってる受け後輩。普段無表情だけど快感で顔歪めてる攻め先輩。どっちもやばい眼福。

 

 

同じ本の中にはこのカプの他に2組のカプのお話が収録されてます。

1組が宅急便の配達員×配達員。もう1組はゲイバーのオーナー×常連客。

どっちも控えめに言って最高。この上なく良すぎたので明日こっちのカプについて記事書きます。

 

ということで今日はここまで。また明日。